紅白歌合戦の組分け

「紅白歌合戦」ってどんな番組か気付いているだろうか?

 

「紅白歌合戦」とは大晦日の夜に放送されている番組で、その年に活動した歌手、その年を代表する歌手が紅組(女性軍)と白組(男性軍)に分類されて歌や演奏等をチーム対抗で披露し合う番組である。

 

しかしながら、歌手の中には男女混合のグループもいる。Every Little ThingやDREAMS COME TRUEなとがいい例であるが、こう云ったケースの場合にはボーカルの性別を優先させる風潮に在り、上記の二組にかんしては紅組に分けれる。またサザンオールスターズは桑田佳祐さんがボーカルであるため白組と云う事に成る。

 

またデュエットででてくるケースの場合には紅組のケースの場合が少なくないのであるが、白組として出場するケースの場合もあるようである。

 

また、この中にはソロ歌手同士でコラボして出場するパターンも在り、2003年(第54回)で出場した女子十二楽坊と錦織健のコラボ、森山良子・BEGIN・夏川りみのコラボはおのおのが紅組、白組から出場していた。

 

また変わった所で云うと美川憲一さんのように女装した男性は男性であるため白組として出場、また2005年(第56回)で出場したゴリエ(ガレッジセールのゴリ)も女装した男性であるが、ゴリエと云う女性キャラクターである事、現実に歌ってるのが後ろで一緒に踊っていた外国人の女性である事が理由で紅組として出場していた。
また、昨年2007年に出場した中村中さのであるが、戸籍上は男性であるが性同一性障害と云う理由から紅組で出場したと云う事である。

 

どんな組分けの方法でも年末最後に観る歌番組としては長年放送されている長寿番組である。

 

世相を反映する特種案内

トップへ戻る