オバマ氏の日本への影響

オバマ氏が立候補を表明し、少しずつ支持と人気を集めていこうと、日本でもアメリカの民主党の予備選の様子を毎日のように報道するようになった。
構図として、アメリカ初の女性大統領VSアメリカ初の黒人大統領と云う、どちらが勝っても立候補として申し分のない話のネタ性をもった人物だったからである。

 

そして、もう1つ注目されたのが、オバマ氏と云う名前もしくは名称である。
日本の福井県には、「小浜市」と云う市がある。
そして、以前オバマ氏はこの小浜市出身の入国管理官と接触した事があると判明したのである。
その際、発音も綴りも小浜市とオバマ氏は合致していると云う事もわかりた。
それに目を付けたオバマ氏の観光協会は、「オバマ氏を勝手に応援する会」を発足した。
そして、応援ポスターを制作し、市を挙げてオバマ氏を応援する事にしたのである。
これを気付いたオバマ氏は、粋な事に3月に感謝の手紙を小浜市に送ってる。
彼の戦略は、既に大統領になった後の外交にも向いていると云える例だろう。
また、人となりも表している。

 

これに気をよくした小浜市は、オバマ氏がほぼ正式に民主党の大統領候補となった事を受け、オバマガールズ、オバマボーイズと云ったグループを結成したり、オバマ氏の応援歌をロックバンドが作成する等、一層の応援を実践するようになった。
これ以外方、オバマ氏は日本への強行政策を掲げている民主党の代表である事から、小浜市へのバッシングもでている。

 

とはいえ、小浜市にとってはこの上ない観光面でのアピール材料である為、これを留める気はなく、彼が大統領になった暁には、銅像を立てる予定との事である。

 

気になる話題の調査報告

トップへ戻る