便秘と水分と食物

日頃の生活習慣を変える事で便秘を改善出きる可能性がある事はさっきお談じた。
これ以外にも日頃から便秘を予防する為に肝心な事がある。

 

まず初めは水分である。
水分が足らないと便が固くなってしまいなかなかどうして排泄できなくなる。
意識して水等を呑み込むようにすべきだろう。
水分を充分に取っていればそれだけで便が排泄出きたり、便秘の症状が改善出きたりする事がある。
殊更に朝おきてすぐに冷たい水や牛乳等を呑み込むと、腸を活発化させて便意を催しやすくなる。
こちらも朝おきて水を呑み込む事を生活のサイクルにプラスすると良いだろう。

 

次は食物である。
便秘には食物繊維が良いとよく云われる。
食物繊維にはやわらかくて大きな便にしてくれる機能がある。
適度なやわらかさ大きさが排泄を楽にしてくれる為、便秘になりにくいと云うわけである。
食物繊維は野菜や果物、穀物類におおく含有されている。
殊更に色の濃い野菜や葉類におおく含有されている。
例を挙げるとほうれん草、モロヘイヤ、ニンジン、かぼちゃ、キャベツ等である。
果物ならば、オレンジ、りんご、桃等である。
穀物類とは豆類やパン等である。
また脂肪の摂取も適切な便秘改善手段である。
これはダイエット等により食事規制をしている人にのみ適切な手段である。
脂肪には腸管を滑らかに出きる機能がある。
脂肪を取れば便の通りが滑らかに成るのである。
ただ過剰な摂取は生活習慣病等の病気に成る恐れがあるのでほどほどの摂取が望ましいのである。

トップへ戻る