あがり症に精神安定剤

あがり症の治療には精神安定剤が効果的に機能すると云われている。
ただ、精神安定剤と聴くとそれとなくイメージが悪い感じも有り服用する事に躊躇する人もいるとはおもわれるが、ドクターの診察の基に処方された精神安定剤を服用するとあがり症の症状も緩和(かんわ)する様に成ると云われている。

 

 

あがり症の治療として処方される精神安定剤にはSSRIと云う種類の薬が処方される事が少なくないそうで、殊更に抗うつ剤にも使用されている。
SSRIを服用するケースの場合であるが、効果に即効性は有らない。
ざっくり服用してから2週間程かけて効果が現れてくるそうである。
服用時の副作用としてはあまり無いので思ったより落ち着いて呑み込む事ができるが、多少眠くなる事は有るみたいのである。
注意点にかんしてであるが服用中はお酒を呑み込む事は留めた方が良いのである為、ドクターに対談じてみると良いだろう。
しかしながら、あがり症を早急に治療したいと云う事であればベンゾジアゼピン系の精神安定剤を服用する事をおすすめする。
注意点としてはさっき解説したSSRIと同じ様にアルコールの摂取は敬遠して欲しい。
また副作用はSSRIよりはつよくでるようになり、眠気がおきやすくなるので車の運転をする人は殊更に注意が必要である。
更に服用方法を間ちがえると依存症に成る可能性も有るので注意が必要に成る。

 

 

これ以外にもあがり症の治療薬として使用できる精神安定剤にはインデラルと云う薬が有る。
依存性が無いと云うメリットは有るのであるが、副作用がつよくでる事に成る為、服用する際にはドクターの解説を良く聴いて服用する様にして欲しい。

トップへ戻る