<花粉症の食事治療>免疫機能

<花粉症の食事治療>免疫機能

<花粉症の食事治療>免疫機能

花粉症は何人もがなる可能性をもってる。
中でもアレルギー体質の人は花粉症に成る可能性が高く為ってる。
しかしアレルギー体質じゃない人にも花粉が体内に長年累積される事により体内の花粉量が一定量を超越した時に発症する。

 

花粉症の原因としては、戦後に日本国内にスギを植林しすぎた事だと云われている。
しかしそれ以外にも食生活の問題やストレスと云う心理的負荷、大気汚染等も大幅に影響していると云われている。
その為食生活の改善を図る事つまり食事治療が花粉症対策に適切となるのである。

 

花粉症の原因であるアレルゲンは花粉である。
その為花粉症が食物のせいで発症する事はないのである。
しかし日頃から仕事が忙しくて睡眠が充分にとれない人やストレスと云う心理的負荷を抱いている人、忙しすぎて食事をキッチリととれない人のように生活リズムが乱れる事が大きな原因にもなる。
このような人は食生活が乱れがちである。
その為栄養が偏って自律神経が乱れる為に、体内の免疫機能が上手く働かなくなって花粉症を発症する引き金に成るのである。
免疫機能が低下すると花粉症以外にも多種多様な病気を生じさせる事になってしまう。
以上の事から、ただしい食生活と充分な栄養を体にあたえる事が、花粉症予防につながる事がおわかりいただけるとおもわれる。
またとっくに花粉症を発症してしまった人でも、食事治療をする事により体内の栄養の釣り合いをアレンジして免疫機能を回復させる事で、花粉症に対抗する事が出きるのである。

トップへ戻る