コンタクトレンズと角膜潰瘍

コンタクトレンズと角膜潰瘍

コンタクトレンズと角膜潰瘍

これは怖い疾患である。「点状表層角膜炎」が比較して「表層」に生じるものであるならば、潰瘍はその奥まで浸潤してしまうものだからである。
原因はいろんな要因が重なるのであるが、やっぱりレンズの汚れや長時間の無理な装用、アレルギーや微生物、などが考えられる。
自覚症状は、ハードコンタクトレンズならば激痛、充血で直ぐに分かる。半端な痛さではないので、すぐに眼科に足を運ぶと考えられる。
怖いのがソフトコンタクトレンズの装用者である。
ソフトコンタクトは、角膜を覆ってしまっているために、痛みを抑えてしまう活動があるのである。
その為レンズを外すと激痛に襲われることになるから、外してもまた装用してしまったりして悪化してしまうことも有る。
であるからハードの装用者と比較すると、発見が遅くなってしまいがちなのである。
とりあえず、治療としてはコンタクトレンズの装用は絶対に中止する。
そして原因となる菌を特定して、抗生物質の点眼をおこなう。
眼軟膏を使ったり、ケースの場合によっては内服薬までも処方するケースの場合が有る。
「点状表層角膜炎」に比較すると、治りは格段に遅くなる。
症状がよくなってきても、以前のコンタクトレンズは活用不可能だ。
レンズの種類を変える、ケアの方法も変える、などの対策をしないとまた再発する恐れがあるからである。
連続装用をしていた人には、1日使い捨てにする、などの必須事項が有る。
しかし、この疾患の患者は増加している。
使い捨てのコンタクトレンズなのに、その期間を過ぎても装用してしまう人が多いからである。
絶対に活用期間は守ったほうが良い。

トップへ戻る