≪予防医学と食事≫予防医学と花粉症にシソジュースについて

≪予防医学と食事≫予防医学と花粉症にシソジュースについて

≪予防医学と食事≫予防医学と花粉症にシソジュースについて

寒い冬が最後、それとなく空気が春めいてくると気持ちがうきうきする人もいれば、「またこの季節が来たから」と憂鬱(憂鬱(ゆううつ))になる人もいるだろう。
それは、花粉が飛び始める季節だからである。
スギ花粉症のケースの場合、2月から4月頃が、症状のピークになるといわれている。
ただこの時期がくるのを待ち構えているだけでなく、食事を工夫して予防医学の実践に努めよう。

 

食事を工夫した予防医学として花粉症の症状に効くというお茶やキャンディーなど、いろんなものが発売されているが、ここで、シソ(大葉)ジュースを紹介したいと思う。
シソには豊富なカロテンが含まれ、その成分は粘膜や皮膚を保護し、抵抗力を力強くするといわれている。
シソジュースの作り方であるが、材料は「シソ100g、水1.8リットル、砂糖100から150g、レモン汁またはクエン酸大さじ3杯」である。
1.8リットルの水を沸かし、そこに水洗いしたシソを入れて5分間ゆでる。
お湯の色が琥珀色になったらシソの葉を取り出す。
お湯が熱いうちに砂糖とレモン汁を入れて好みの味にする。
飲むときは水で2倍に薄めて欲しい。
冷蔵庫で2ヶ月ほど保存ができる。
取り出したシソの葉も、刻んで胡麻和えやマヨネーズ和えにして食べれる。
鼻や喉、目がむずむずし始めてから飲むより、それ以前から毎日飲む習慣または慣例をつけたほうが効果があるだろう。

 

近頃は子どもの花粉症も増加しているそうである。
治療のためには耳鼻科受診も必須事項であるが、予防医学は自分の家でもできるので、お母さんが症状緩和(かんわ)のケアをしてあげると良いだろう。

トップへ戻る