不眠症対策

不眠症の仕組みにかんして学習してみたいとおもわれる。
不眠症には大幅に分類して3つの種類に分ける事がでくるのだ。

 

≪1.入眠困難の不眠症≫
この不眠症は布団に入ってもなかなかどうして寝付けなかったり、全く眠れなかったりする症状の不眠症である。

 

≪2.中途覚醒の不眠症≫
この不眠症は眠れるのは眠れるのだが、夜中に何回も目が覚めてしまって結局眠れなくなるような症状の不眠症である。
このケースの場合はどのようなに睡眠時間が長くても熟睡している訳でもない為、体がだるかったりボーッとしたりする可能性がある。

 

≪3.早朝覚醒の不眠症≫
この不眠症はどのようなに遅く就寝しても朝早くに目が覚めてしまうと云う症状の不眠症である。おきる時間は個人差があるが、3から5時位にはおきてしまうのじゃないかとおもわれる。

 

上記のような不眠症の分類では1つだけ該当する人もいるし、全部に該当する人もいる。症状は重なれば重なるほど重いと云って良いだろう。

 

しかしながら、不眠症の人は自律神経の釣り合いも砕いているケースの場合が少なくないので交感神経が興奮してしまう為に不眠症になると云うパターンが少なくないかも知れない。
不眠症がものすごく酷いケースの場合、脳に障害がある可能性もある為、あまりにもおかしいと実感したら脳外科の検診をしてもらう事をお勧めする。

 

自身で改善出きる不眠症と出きない不眠症がある為、多少なりとも変だなと実感したケースの場合は専門のおドクター様に対談じてみるべきだ。

トップへ戻る