足つぼ・冷え性とツボ療法について

足つぼ・冷え性とツボ療法について

足つぼ・冷え性とツボ療法について

女性の大きな悩みや苦しみの1つに手足の先が冷たい事が有る。夏で額には汗が流れているのに、手足は冷たい、と訴える人は意外と数多いのである。

 

しかも女性に数多いのが秘訣(ひけつ)である。東洋医学では、冷えは、肝経(かんけい)と腎経(じんけい)という特定の経絡に気血のとどこおりがあることで生じるとされる。

 

その為、治療にあたっては、これらの二つの経絡に属するツボを中心に治療を進める。腎経では、足ツボの湧泉(ゆうせん)と太けい、肝経では、やっぱり足ツボの太衝(たいしょう)というツボを刺激する。更に足の三陰交(さんいんこう)も効果が有る。足ツボ以外では、お腹の中かん、背中の肝愈(かんゆう)も補助的な効果が待望される。

 

一方、冷え性とは逆の症状である、ほてりを実感する女性も数多いである。なかには冷え性であり、かつほてりもあるという人もいる。まったく正反対の症状にみえる、冷え性とほてりであるが、どれも血液の循環がスムーズにいっていないことが原因であることに共通している。ほてりのケースの場合にも刺激するのは同じツボとなる。

 

足ツボを丹念に指圧する他、しょうが灸を毎日続けるのも効果があると言われる。冷え性解消のためには、日常生活のなかで足をよく動かすようにすべきだ。足首を回したり、青竹踏みをするのも足の裏全体にわたる足ツボを万遍無く刺激するのに絶好の方法だろう。

トップへ戻る